綿袴: 藍染/未晒/晒(白)

武州一 未晒袴 #3500

カテゴリに戻る

武州一 未晒袴 #3500

画像をクリックして拡大イメージを表示
武州一 未晒袴 #3500
武州一 未晒袴 #3500
武州一 未晒袴 #3500
武州一 未晒袴 #3500
武州一 未晒袴 #3500
武州一 未晒袴 #3500
価格
¥12,300    52 ポイント
商品番号
JAPAN-3500
Share |

選択可能なオプション

身長:*

身長:を入力してください。お使いになる方の目安といたします
体重:*

体重:を入力してください。お使いになる方の目安といたします
ウエストサイズ:*

ウエストサイズ:を入力してください。お使いになる方の目安といたします
刺繍文字:

漢字・カタカナ4文字まで無料
  • 数量
商品の説明: 

この商品は国産品です

  

細身の方、太目の方が美しい立ち姿になるように
ウエストサイズを選ぶことが出来ます。

▼ご希望の方は確認のため、ウエストサイズを注文画面の備考欄にご記入下さい。
ウエストサイズ90cm以上の方は、身頃が太くなるため
腰板サイズも大きくなります。
腰板サイズは、ウエストサイズによりバランスよく仕上げます。

■ 商品説明 ■
信頼の証 「武州一」 藍染の横綱
<日本人だから感じたい、武州正藍染めの世界>

 正藍染上製品 軽さの中にも風合いがあります。


 「武州一」は天然発酵染の伝統を守り続けています。
 糸一本一本に藍のバクテリアが息づく、先染織物で作られているのです。
 科学染料の藍染風とは次元の違う美しい色合い、気候にあわせて変化する、
 やさしい肌触りが楽しめます。


 ★身に着けて分かる「武州一」のクオリティー

 武州一の稽古着は、天然発酵藍の先染により実現した耐久性と抜群の肌触り、
 こくのある藍色が特徴です。要所を押えた細かな補強を施した究極の仕立です。


 ★武州一の稽古着は、立ち姿が違います
 計算されつくされた袴のヒダが美しいシルエットを生み、
 更に軽快な足さばきを約束してくれます。



袴 サイズの測り方 



※27.5号~30号は割高になります。
※特別サイズは割高となります。

※綿製品は
縮みを考慮してください。
 (縮みを考慮して1cm程度長く製造されています)
  (↓下記参照
袴サイズ表


▼袴サイズ選びの目安
身長 袴 男子 袴 女子
135cm 20号 21号
140cm 20号 21号
145cm 21号 22号
150cm 22号 23号
155cm 23号 24号
160cm 24号 25号
165cm 25号 26号
170cm 26号 27号
▼袴サイズの規格
サイズ 前紐下長さ サイズ 前紐下長さ
16号 61cm 24号 90cm
17号 64cm 24.5号 92cm
18号 68cm 25号 94cm
19号 71cm 25.5号 96cm
20号 75cm 26号 98cm
21号 79cm 26.5号 100cm
22号 83cm 27号 102cm
23号 87cm 28号 106cm



【ご注意】縫製により若干の誤差がある場合がございます。
綿の場合は、縮みを考慮してご購入下さい
(製品は、縮みを考慮して1cm程度長く製造されています)

袴のタイプ #3000 #4000 #10000
縮み 2cm~3cm 1cm~2cm 1cm以内

※縮みは、過去の統計からの目安です。
※洗い方により縮みが異なる場合があります。


●お手入れ方法
 洗濯の場合は、たたんで、押し洗いをしてください。
 この商品は、色落ちしますので他の物と一緒に洗わないでください。
 洗濯機は厳禁。
 稽古後、干した後は必ず三つ折りしてください。




★袴の番手(#)について  (かなり誤解されている方が多いので一言)
#8000・#10000等は、各メーカーがグレードの差をつけるための呼び名です。
藍染の反物は、「糸使い(糸の種類)」で風合いが、「打ち込み(密度)」で重さが変わります。
昔は、100反の重さが20貫、30貫、40貫で取引していました。
袴のランクを#7000・#8000と呼びますが、これは統一された呼び名ではなく、
各メーカーによってかなり違います。
同等品をA社は#10000、B社は#4000、C社は#11000と呼ぶ場合があります。

埼玉県は羽生市中心に4ヶ所の有名な藍染工場があります。
また埼玉県は昔、武州と言われていました。その名から武州紺と親しまれ、
剣道具に用いられております。
しかし何時の日か、濃い藍色をしたものを武州紺の名を借り、
また海外で染められたものでも、似たような色をしていれば武州紺(武州)であるという
悪い風説が出始めました。

ちなみに弊社では、過去多種メーカーの藍染製品を取り扱いましたが、
「武州一」マーク入りが染・縫製の点から一番であるのを確信しております。
#3000は30貫、#4000は40貫のことです。
#10000は上記の由来はありませんが、より良いものをということでできあがりました。

If you have any further queries, please feel free to contact us.



商品のレビュー: 

レビューを書きませんか?

現在商品レビューはありません....

お友達にお知らせする

PAGE TOP